横浜で家族葬を行うメリットです

社会環境や少子高齢化の影響で核家族化が進み、葬儀に対する考え方も変化が出て来ました。以前の葬儀は、近所の人や故人の知人や友人など多くの人が参列するのが一般的でした。しかし、参列が多いと遺族は参列者に気を遣い故人と最後のお別れをゆっくりする事が出来なかったり、葬儀の費用が高額になったりするので新しい葬儀の形として家族葬を行う人が増えています。家族葬は、家族や親族だけで葬儀を行うので、参列者に気を遣う必要もありませんから故人とゆっくりと最後のお別れをする事が出来ます。また、葬儀費用も安く抑える事が出来るので残された遺族の経済的な負担も抑える事が出来ます。形式にもとらわれる事がないので、故人の希望なども反映したお葬式が出来ます。横浜には、家族葬を行う葬儀社が多くありますから、費用などを比較してから葬儀社を決めれば後悔のないお葬式が出来ます。

横浜で行なう家族葬について考えます

東京や横浜といった大きな街に限らず、日本全体で流行って来ていると感じるものに、家族葬と言われるものがあります。時代の変化もあるのでしょうが、大きな葬儀を出す人が、少なくなったとも言われるようになりました。その大きな理由として、葬儀の料金が言われます。ちょっと大きな葬儀を出すだけで、500万円とか、600万円と言った大きな金額になってしまうと言われます。なんと言っても、全国平均で約200万円と言われる訳ですから、この横浜では、300万円など軽くオーバーしてしまう可能性も、大きくなります。これに対して、家族葬と言われる葬儀方法を行うことで、無駄を省くと、50万円とか60万円で済むことになります。このような大きな差額が出てしまう時代ですら、喪主の側も考えてしまうのでしょう。また、高齢化が進み、現役の時代から長く離れることになっていることも、その理由と言われています。

横浜の家族葬の意味をはき違えるな

ここ何年かは全国的に家族葬が多くの人に認知されたこともあって、その勢いが一般葬に迫るものがあります。そして多くの葬儀業者がこのキーワードを利用した宣伝を盛んに行っています。これは全国的な傾向で横浜市の業者も例外ではありません。ただ昨今のこの傾向にはある種の憂慮するべきことがあります。それは本来の意味をはき違えるような言動や行動が目立ってきてるからです。そのはき違えた言動や行動が目立ってる原因の主な原因は葬儀業者の過熱宣伝といっても過言ではありません。なぜなら葬儀の値段が真っ先に出て、その数字で割安感を演出しているからです。確かに葬儀の費用は総額だと一般葬儀に比べると安くなる可能性は高いです。しかしそれは参加する人数が少なくなるからであって、葬儀そのものがどれも大幅に簡素化されて安くなってるとは限らないからです。もっとも近年は故人自らが生前に最小限に葬儀そのものを簡素化してほしいといった希望を出す人も少なからずいます。そのため葬儀社の中には葬儀の内容そのものを簡素化することで安くできるプランを用意してるところもあります。ですがそれはまず先に故人の希望により葬儀の内容が簡素化され、その次にそれに付随して参加する人を制限してるにすぎません。参加する人数を制限して、その次に葬儀が簡素化されて安くなってるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*