横浜で行ってくれる家族葬

都会に行けば行く程、家族二世帯などの大家族で生活している家庭は少なく、例えば東京や横浜などの都会ほど、核家族化は進んでいます。進学や就職で都会へやって来て、そこで家族を作り、終の棲家を探す、団塊の世代にあたるお父様、お母様はそういう人生を歩んできた方も多いのではないでしょうか。出身地とはかけ離れ、都会で生活していると、なかなか地元に戻って実家の家族や親戚男に会うと言う事も少なくなってしまいます。そうすると、もしも自分に何かあっても、親戚などに連絡するの憚られる事もあるかも知れません。疎遠に近い親族に、不幸があった時だけ、おいおい連絡するのも、それが相手方の親戚であれば、なんとなく気が引ける気持ちは、都会に住んでいらっしゃる方なら賛同できる心境かも知れません。自分にまさかの事があれば、自分の築き上げた家族だけで、ひっそり家族葬を、そういう考えの方が増えています。

横浜で家族葬をおこなうことについて

最愛なる家族が天寿を全うして、眠りについた時には、そっと見送りたいです。しかし、核家族が進み、実家として親が暮らしていた横浜を、生活の拠点としていない場合があります。親の知り合いもすでになく、かといって自分が住んでいる地域まで運んで、葬式をおこなうわけにはいきません。親が暮らしていた横浜で、葬式をおこなう必要ができます。知り合いもほぼなく、参列するのは子供の自分だけです。身内だけしかいないので、家族葬で故人をおくってやればよいと、考えます。ひっそりとした式ですが、規模でその式の質が決まるわけではありません。心から故人の眠りを祈れば、何処にも負けない、故人への手向けの葬式となります。一人では心細いこともありますが、そこはプロの葬儀屋がサポートをしてくれます。宗教上のことでわからないことも、アドバイスを受けることができます。

横浜の家族葬について

最近、家族葬を考えている人が増えています。もともと、葬儀ってお金がかかりすぎていると思ったことはありませんか。結局、盛大な葬儀をしても故人が戻ってくるわけではありません。それに参列者が沢山、きてくれるのは嬉しいけど葬儀を上げるだけで疲れてしまいます。残された家族を考えるのなら家族葬の方が良さそうです。そこで横浜で家族葬を考えるなら、とにかくどこが一番なんでしょう。調べてみたら案外、あるようです。なんといっても、葬儀で必要なのは心に残る式です。身内やごく限られた友人のみで行うプランはいろいろと揃えているわけです。ただ、この葬儀は最近、出てきたばかりなのでまだ、マナーについて判らない人も多いようです。なんといっても、五人から五十人だけだったら小さな葬儀が断然、いいわけです。しかも、告別式がやらなくても済むのでその分、経費がおさえられているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*